• ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

〒160-0022 東京都新宿区新宿7丁目26-7  ビクセル新宿1F

​携帯:080-2111-5930 電話:03-4500-2378 MAIL:info@utsureco.com

※業都合で代表電話に出れないことがあります。その際はメールにご連絡ください。

41.jpg
kokoro-web_88_31.gif
ACCESS

​最寄駅

​東京メトロ副都心線/都営大江戸線

​東新宿駅 A2出口 徒歩2分

(A2出口を出て左手側に進みます)

​東京メトロ丸ノ内線・副都心線/都営新宿線 新宿三丁目駅

E1出口 徒歩10分(E1出口まで5分程歩きます)

© 2018 by UtsuReCo. 

こころの中を整理する②【マインドフルネスを中心に】

週末はすごく寒くて、雨も降ったり。

桜の花が散ってしまうのかなぁ…と少し心配してしまいましたが、昨日は東京の桜は満開。少し風は冷たいですが日差しが暖かくお花見日和でした。今年は桜が満開になってから気温が下がってくれているので、散るのも遅く長く楽しめそうです。



前回、マインドフルネスの効果について説明しましたが、『マインドフルネス』とはいったいどんな状態なのでしょう。


『マインドフルネス』とは、今という瞬間に常に注意を向けて、自分が感じている感覚や感情、思考や行動を冷静に観察している状態のこと。


と、いってもとても漠然としていて、具体性にかけるなぁ、というのが率直な感想だと思いますが、【今、ここ】で起きていることに100%心を向ける在り方のことなのです。

例えば…


・歩いているとき、自分の体が動いている感覚を意識している

・時計の音、鳥がさえずる音、車の音など周囲に意識が向いている

・自分の考え、感情やそれに伴う行動への影響が理解している

・つらい考えや感情のときに気づくことができる

・ネガティブな考えが浮かんだとしても、それに気づき感情がかき乱されず一歩下がって見つめることができる

・自分の中で生まれた考えや感情をよいか悪いか判断せず、そのまま受け入れられる

・感情、考え、信念や意見を理解して適切な言葉で表現できる

・混乱、動揺した時でも気持ちの揺れを理解して、言葉で表現できる

・何かをする時に気持ちがそれず、ひとつの目的に集中できる

・自分がしていることを意識して、注意を払ってすすめることができる

・今、目の前で起きていることに集中し続けることができる


と、いうように、今の自分の考えや感情に気づき理解できるているかどうか、そして無意識ではなくて意識して今やらなければいけない行動をとれているか、ということなのです。


『マインドフルネス』の反対の状態は、『マインドレスネス』といいます。

マインドレスネスとは注意散漫な状態、無意識の状態のこと。

ぼんやりして、集中力がない状態でもあります。


例えば、

『明日までに仕事を終わらせなければいけないのに…時間がない…終わらなかったらどうしよう…上司に叱られたら仕事を続けられない』


と、未来を悲観的に捉えて心配しすぎたり、


『あの時に失敗していなければよかった。あの時ああしてれば、こうしてれば…。あの時の自分が本当に許せない…』


と、すでに終わった過去のことを延々と考えて後悔が後悔を生んでしまっている状態です。


延々と、目の前で起きている【今、ここ】でやらなければならないことではなくて、思考や空想の世界に巻きこまれて気づいていない状態なのです。または日々の生活をなんとなく習慣としてご飯を食べていたり、ぼんやりして電車を乗り過ごしてしまったり、会話をしていても上の空で聞いていてなかった時なども、【今、ここ】に集中できていない状態なのでマインドレスネスな状態なのです。



似た言葉で『マインド・ワンダリング(心の迷走)』という言葉もあります。

その名の通り、空想や思考の世界の中をさまよっている状態なのです。


実は人間は無意識では47%の時間を、今ここではなく、過去や未来のことを思い出したり、想像したりして生きています。


それが良い思い出、明るい未来ではなく、ついつい過去のうまくいかなかったことや、失敗したことを思い出しては後悔をしたり、きっとまたうまくいかないだろうと未来を悲観的に観測をしてしまい不安になってしまったりする生き物なのです。


そうすると、何も目の前でストレス源がなかったとしても、自分自身の考えや空想の世界でストレスを生み続け、ストレスを感じてしまう傾向があります。


全員がそうという訳ではありませんが、メンタル的に不調を訴える方の多くは現実の、目の前の問題ではなく、過去か未来の世界を考えてしまっている、まさにマインドレスネスの状態であることは多いかもしれません。


後悔、不安、焦り、恐怖は自律神経系の交感神経を活性化させていきます。

交感神経は天敵から自分の身を守るために闘争・逃走するために働く神経です。常に筋肉は緊張状態でリラックスすることはなく、神経も過敏な状態です。一時的にはよいかもしれませんが、長期間にわたってストレス状態が続くと脳が疲弊し、不調にもつながるのです。


それに対する方法として、認知行動療法であったり、認知行動療法の新しい世代であるACT、そしてマインドフルネス瞑想が有効であるといわれています。

今日はこの辺にしておきましょうか。それでは皆さん、素敵な夜を。




【うつ予防・改善のための集団プログラム = うつりば】現在、参加者募集しております。


22日(日) 、10月20日(日) ※全て13:00〜16:00 

【場所】〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-22 

新宿コムロビル903号室 (JR新宿駅 新南改札から徒歩1分 新宿高島屋の前)

【費用】毎月1回×6ヶ月=全6回コース 3万円

【申し込み】以下よりチケット購入をお願いいたします

https://www.utsureco.com/events/utsuyobo-kaizennotamenoshudanpuroguramu-utsuriba



うつになっても生きやすい社会へ UtsuReCo(うつりこ) 

HP https://www.utsureco.com

160-0022 東京都新宿区新宿7-26-7 1階

03-4500-2378/info@utsureco.com

※個別相談 受け付けております

25回の閲覧